2010年7月から家族になったぶんぶんとのなんてこと無い毎日です


by buriburi-wan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

父の退院から2ヶ月。

今日は我が家の介護記録。
興味の無い方はスルーして下さい。


12月の始めに父が退院してもうすぐ2ヶ月になります。
日常生活全介助という状態での家での生活。本当に大丈夫なんだろうかという不安はありましたが介護施設の方、訪問看護の方達とお話しを進めていくうちに安心して父を迎える気持ちになりました。
いざ介護生活が始まると・・・思っていたよりもスムーズにいろいろな事が進みました。

具体的な父の介護プランは朝、夕2回のオムツ交換。日曜日はお昼も。
週一回の訪問入浴。
月曜日~土曜日点滴の訪問看護
週二回の訪問リハビリです。
通常介護保険を使用すると訪問看護は介護保険の扱いになりますが父の場合癌があるので医療保険の扱いになります(訪問リハビリも)
レンタル用品は痰の吸引機。車椅子、ベッド+マットレス他手すりもろもろです。

これらにかかる費用は介護保険ですべて1割負担になるので・・・
オムツ交換のヘルパーさん 15000円程
訪問入浴15000円程
痰の吸引機 5000円程
レンタル用品 3000円程です。

医療保険扱いの訪問看護、リハビリで16000円程です。

そして現在の父はというと・・・

家に戻ってメキメキ回復しています f^_^;
5ヶ月のリハビリ入院生活で克服できなかった自力での食事ですが最近は朝食に4枚切りの食パンを一枚とりんご4分の1を食べて コーヒをコップに半分ほど飲んでいるそうです。
先日はお寿司を6貫食べたというのでお寿司を1人前買って行くと殆ど食べたそうです。父ちゃんいくらなんでも劇的に回復しすぎやろ~~~。@@
訪問看護師さんも『私たちも色々言ったけど・・・まさかここまでになるとは・・・』と絶句気味です(笑)

倒れた当初は『元気になって自宅に帰るというのではなく少しでも改善する方向に、自宅での介護は困難になるので落ち着いたら次の受け入れ先をご紹介します』
と言われていた父がここまで回復しました。
食事に関しても『お楽しみ程度に何かを口に入れれるレベルへ持っていく位』との事でしたが現在は皆がびっくりするほど食べています@@

という事で今後は口からの食事に加え経口の栄養剤を処方して頂き点滴を2日に1回に減らします。
訪問看護の責任者の方から自分達が来るとお金がかかるから点滴の針をご家族で抜いてはどうですかという提案を頂いたので点滴の針は私が抜くことになりました。
最初はおっかなびっくりでしたがなれればそんなにたいそうな事ではありません。
点滴をはずせるようになったのでこれからは訪問入浴ではなくデイサービスのお風呂が利用できます。
おむつ交換も母がだいぶ慣れて来て自分でもできると言う事なのでとりあえず週4回程度朝だけ来て頂きます。(ゆくゆくはポータブルでもいいので自力のおトイレにするつもり)
と言う具合に少しずつ介護生活に慣れて、父も少しずつではありますが前進しています。

脳梗塞の後遺症は個人差がかなりありリハビリでかなりその後が変わると言う事を身をもって実感しました。
父は2度目の脳の障害、梗塞も2ヶ所あり回復は殆ど期待できないと言われました。
父の通っていた病院は脳外科の専門で脳外科を得意とする病院です。
その父がリハビリでここまで回復したのは正直家族全員の予想外でした。
しかも・・・先日のCTの結果ではリンパの腫れには変化が無く1ヶ月抗がん剤の治療をしていなくてこの状態だとリンパの腫れは癌の転移ではない可能性もあるとの事でした。

我が家はもともと皆プラス思考で考えても仕方ない事をうだうだ考えないしなるようにしかならないと考える性質です。
父の事も寿命が短いのならそれは仕方が無い事だから出来る間は出来る事をしっかりしたらいいと言う考え方です。
だから父が倒れてからお互いにぐずぐず言いあったりする事もありませんでした。
とにかく今出来る事をひとつづつ片付けて行こうという方針でした。

ただ先行きの見えないまったく未知の介護生活にとても不安になる事はありました。
そんな時にアドバイス頂いた看護師さんの言葉には本当に救われました。

笑っていれば良い事がある。言うのは簡単ですがそう簡単に人に言う事は出来ません。
でも今回の事を乗り越えた今ちょっとぐらいはアドバイスできるかなっと思えるので・・・
現在突然ふってわいた介護の現実に真っ暗な気持ちでいる方には伝えたいです。
介護に関しても、金銭的な事にしても今は色な制度があるので誰かが助けてくれます。
私が知人の看護師さんに言われた『簡単とは言わへんよ、でもなんとかなるよ』その言葉はまさにその通りでした。
もし介護で悩まれている方がいらしたら誰かに相談してください。
公的な機関に相談してもダメな時は道端で車椅子を押してる方にでも思い切って声をかけてみてください。
みんな手探りで今の状態にたどり着いています。だから何か聞かれたら案外丁寧に教えてくれます。
利用できる物はなんでも利用して下さい。
私の知り合いにはケアマネの当たりが悪く介護ノイローゼになりそうな時に良いケアマネさんに出会い今は笑顔で介護生活を送っています。
その方は5人目のケアマネさんでやっと救われたそうです。
ただ・・・介護と言うのは家庭の状況本人の状態で必要とするサービスがまったく違います。
色々な方から情報を収集したら何が自分達に必要かは自分でしっかりと見極めて下さい。
我が家が現在利用している介護施設は賛否両論のある施設でした。でも我が家に必要なサービス、父の状態を考慮するとここがベストであろうと思い決めました。
今のところ問題は無く感謝する事が多々あります。

介護職をしている友人からのアドバイスはヘルパーさんケアマネさんがダメだと思えばどんどん代えれば良い、お世話になってるからあんまり文句を言っちゃいけない
なんて思わなくて良いとの事でした。(ただクレームも良識の範囲内ですが・・・)

そして施設や他人にお手伝いをお願いする事を恥ずかしいと思わないで下さい。
私がお話しする方々の中にはまだまだ介護は家族だけでするものと思われている方がたくさんいます。
私は介護する人間に心の余裕があってこそお互いにゆったりとした時間が過ごせると思っています。

我が家もまだ始まったばかりでえらそうな事は言えませんが『なんとかなる!!』そう思って乗り切れそうな気がします。
[PR]
Commented by ミルタママ at 2013-02-04 11:57 x
ぶりぶりさんこんにちわ
  昨年5月からがんばられてきて
  内容濃いレポートですね

  ぶりぶりさんもこかからいろいろと相談にも
  のってあがられてすばらしいです

  これからもむりされずガンバリ過ぎず
  お過ごしくださいね

  お父様の回復力すごいです

 お花見の春たのしみですね☆
Commented by りんご at 2013-02-04 13:41 x
お父さん 素晴らしいですね!!
ご家族みなさんも嬉しいですね!^^
Commented by 減速生活者 at 2013-02-04 18:57 x
【良かったですね。】
 驚異的な回復,良かったですね。恐れ入りました。
 家族が治療や介護を要する事態に陥ると,混乱することは私も思い知らされました。
 手続と成行とを分けて頭を整理すると気が楽になりますね。前者は今どき必ず社会のどこかに相談窓口があります。後者ははっきり言えばなるようにしかなりません。
 お父上と良い時間を少しでも長く共有されることを祈念します。
Commented by OKAN at 2013-02-04 19:08 x
嬉しいね~^^
よかったね~^^
ホンマ、なんとかなるよねっ!!
Commented by mamagoto at 2013-02-04 23:11 x
ほんとに よかったですね。
お父様の頑張りに 感動です。
でもお家に帰ってきたってことは ほんとにお父様にとって
大きな喜びだったのでしょうね。だからきっと リハビリ楽しく
頑張れるのでしょうね。

ぶり夫さんの体調も気になりますね。。
順調に回復されますように。。。
Commented by buriburi-wan at 2013-02-05 14:11
☆ミルタママさん
昨年の5月に父が倒れて目の前にあるものを一つ一つ片付けていくしまありませんでした。
ただ実際こんな事が起こってしまったけれど皆が協力し合ったのでそんなに大変と思うことはありませんでした^^

父の回復力にはただただ驚きました。
暖かくなるころにはもっと元気になりそうです。
Commented by buriburi-wan at 2013-02-05 14:12
☆りんごさん
父すごいでしょ~~~。
メキメキと回復しています。
かぞくもホット一安心です^^
Commented by buriburi-wan at 2013-02-05 14:17
☆減速生活者さん
父の回復力には家族全員驚いています。
介護って殆どの場合突然やって来ますよね。
手続きやらシステムを理解してしまえば大層な事はないのですが最初の内は何をどうしていいのやらって感じでした。
よやく介護生活も落ち着いてきたので後は不要なサービスを減らしたり必要な物を加えたりしていきます。
病気の進行具合や回復具合は神のみぞ知る・・・になってしまいますが、介護のお手伝いは相談すれば何とかなるので上手に利用してお互いが少しでも楽に介護生活を送れるのが理想ですよね^^
Commented by buriburi-wan at 2013-02-05 14:19
☆OKANさん
本当に。
昨年は落ち着かない半年間でしたが、今年は楽しく過ごせそうです^^
Commented by buriburi-wan at 2013-02-05 14:22
☆mamagoto さん
父の回復にはオドロキデス@@
今日ははじめてのデイサービスにいっています^^
まさかデイサービスに行けるなんて思ってもいなかったので本当に良かったです。
これから少しずつでも良くなるようにと思っています^^

ぶり夫のご心配ありがとうございます。
ぶり夫は薬を飲んですぐに熱が下がって元気になりました。
元気になっても仕事に行けなかったので家で掃除やなんやらしていました。貧乏性ですね~~(笑)
Commented by いくち at 2013-02-05 21:31 x
お父さん素晴らしい! やはり実家。ご家族パワーは一番効くのかもね 確かに介護って未知の世界だから誰もが戸惑うよね
私の周りでも中々旨く行って無いお友達もいて・・
でも彼女も前向きな人だからいつかはこんな素敵なブログ書いてくれると思う。 
いつでも笑って前向き行きましょうね♪
旦那様お大事になさって下さいね 隔離仕方ないよ~
元気になって会いましょう(笑)
Commented by buriburi-wan at 2013-02-05 23:04
☆いくちさん
父、驚きの回復でしょ~~いつも罵り合って来た家族なので(笑)病院のような生ぬるい環境では駄目なようです(爆)
介護って気持ちを切り替えたり諦めなきゃいけないところはスパッと諦めないといけなかったりで・・・気持ちをうまく切りかえれないと辛いですよね。それにうちは徘徊が無いからいいけど徘徊があるご家族はこれまた大変のようです。
お友達も良い方向に進むと信じています。
うちはね~~みな諦めが良すぎるのかも。もし癌で寿命が短いなら仕方が無い、考え方によっては期限を決められたから精一杯介護が出来ると考えて笑っていたらリンパの腫れが癌でない可能性が出てきました(笑)
笑ってって言うのは簡単だけどそう簡単にはいかないのはわかってるけどでもやっぱり笑って欲しいです。

ぶり夫・・・恐ろしく回復しております♪
by buriburi-wan | 2013-02-03 22:38 | 脳梗塞 介護 | Comments(12)