2010年7月から家族になったぶんぶんとのなんてこと無い毎日です


by buriburi-wan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

父の事。 今後の方針

癌と宣告された父の今後の治療について。

先生からは二通りの治療の説明を受けました。

まず一つはごく一般的な治療でまず手術で患部を取り、抗がん剤治療。
そしてもう一つはまず抗がん剤治療をして様子を見つつ手術が出来ればするという治療。

これが元気な76歳なら迷わず手術して治療という方向でいくのですが、現在の父の状態を見ていると手術は可能かもしれない・・・でも手術が終わって抗がん剤の治療をする頃にはきっとすわる事も出来ず寝たきりになってしまいそうな事が想像できた。

そして手術して抗がん剤治療をしたとして5年生存率は10%
抗がん剤治療自体も4割の人に効けば有効な治療といわれるらしい。。。

となると・・・治療をしても通常なら2~3年しかもたないという事になる。

それならば父が元気なうちに家に連れて帰りたいというのが我が家全員の意見です。

先生には(この時点ではあくまでも私一人の意見という事で伝えた)
『もし手術をしたとして、たとえ胃の癌が取れたとしても、寝たきりになってただ生きているという状態で父を連れて帰るつもりはありません』と伝えました。これが正しいのかどうかはわかりません。
私は生きる長さよりも、少しでも楽しく、笑って過ごせる時間が大切だと思っています。

でも・・・これはあくまでも私の意見。
父の気持ちも聞かなければなりません。
ただ・・・今の父に本当の事を伝えれば、状態が悪くなってしまいそうです。
現在の父は気持ちに体がかなり左右されている様で家に帰るとなるとメキメキと元気になります。
ただ最近は退院の話しが順調でない、雲行きが怪しくなってきていることをうすうす感じどんどん元気が無くなって来ています。

なのではっきり癌とは告げず潰瘍がありほっておくと癌になる可能性があるから一応治療する方向で、治療方法が2つあると伝えどちらの治療が良いかと尋ねると、手術は嫌との事でした。


家族の意見と父の気持ちが合ったので、今日先生には手術はしない、抗がん剤のみの治療でとお伝えしました。
そして今の病棟での治療が終わったらすぐにでもリハビリ棟に戻して頂き自宅での生活のリハビリを始めて欲しいと伝えました。

今後のはっきりとした治療法はまだ決まっていませんが早く父が帰宅できるように頑張らないとです。

父は・・・何よりも退院の方向で話が進んでるのが嬉しいみたいで・・・ちょっと楽しそうです^^

これからが大変だけど・・・なんとかなるさ!!!
[PR]
Commented by りんご at 2012-10-16 08:16 x
私も、ぶりぶりしゃんと 同じ気持ちです。
楽しく、笑って過ごしてもらうためにも
ぶりぶりしゃん、 笑顔でファイト!!
でも、 泣きたいときや辛い時は ここででも発散してね。
Commented by いくち at 2012-10-16 09:15 x
お久しぶりです。 猫を保護してバタバタしてまして(汗)

大変な一週間でしたね こればかりは正解の答えは無いと思います お父さん・家族の皆さん・病院の先生の意見が一つならそれが答えだと思います。 
一番の薬はお父さんは自宅に帰る事 介護する皆さんは新しい薬・治療法が見つかる事 希望が一番の薬だと思います
私の事ですいませんが 過去3年間に父の痴呆・母のガン・甥っ子の小児がんと・・続き悲惨過ぎて涙も出ない状態になった時もお友達が沢山支えてくれました。 ぶりぶりさんもお友達沢山いらしゃるし甘えちゃえ。落ち込む時は思い切り落ち込んで反動付けてまた浮上したらいいよ。 
でも、意外に当人は明るかったりするだよね? 違うかな?

ぶんぶんちゃんお母さんをしっかりサポートするんだよ 出番だ!
Commented by ミルタママ at 2012-10-16 11:26 x
  ぶりぶりさん  地震もあり先わからない時代
  クオリテイ大事に私も生きたく今 大事に
  いきてくださいあ

   お薬もよくなり  ミルジーの弟も末期の食道がんで
  だめといわれてましたが
  抗がん治療で薬があい元気で今もいきてます
  7年なります

  体力とももおありとおもいますがお薬どんどん進化していて1がだめでも2であい効果でてきて前向きに治療して
  る知人もいます

  前向きにがんばってくださいね
  大事なお父様ですから  お大事にーーー
Commented by buriburi-wan at 2012-10-16 22:10
☆りんごさん
とにかくね早く家に帰りたいようで、だから私たちもとりあえず一旦は家に帰らせてあげたいんです。

励ましもありがとうございます!!でも自分が案外図太くて肝がすわってる事に驚いています。
今は悲しいというより少しでも良い状態で父を連れれ帰る事を考えているので悲しいとかいう気持ちは飛んでいきました!!
毎日笑って過ごしてますよ~~!!!
Commented by buriburi-wan at 2012-10-16 22:22
☆いくちさん
いくちさんもドタバタな日々でしたね~~。

正解は無いから父にとって良いと思う方向で進めます。
先生はねベースは手術なんです。
ただ先生の考える手術は可能な体力。と私たちが思う手術は可能には大きな壁があって先生は手術が終わって父が生きていれば成功。でも家族にとっては手術が終わって今の状態まで回復して成功なんです。
だから手術は選びませんでした。
父はね本当に家に帰りたいみたいでなので、とりあえずは家に連れて帰ってあげたいんです。

いくちさんも大変な時期があったのですね・・・っていうかうちの何倍もご苦労されたんですね。両親はもちろんですが小さな子の病気はどうにもやりきれないですよね。。。

でで・・・そうなんです本人達は明るいんです。
流石に告知された日は大泣きでしたが(笑)今はごはんも美味しいし、テレビを見て笑ってるし。現実を突きつけられると泣いてなんかいられなくてだだ突っ走るのみです。

おぼっちゃま・・・助けてくれるどころか・・・みんながバタバタして寂しくてストレスでカイカイに。。。この方がいるから本当に泣いてなんていられません(^。^;)
Commented by buriburi-wan at 2012-10-16 22:31
☆ミルタママ さん
本当に・・・なにがあるかわからない世の中だから・・・毎日を大切に過ごしたいです。

ミルジーさんの弟さんも大変だったのですね。
癌って・・・治療の効果に個人差があるから本当に難しい。弟さんはお薬があって本当に良かったです^^

お薬はどんどん良いものがでてますもんね。
でもね・・・私自信は、薬が効いて元気になってくれるのが一番ですが・・・もし父の残りの人生が少しになっても父が家族に囲まれて楽しいと思ってくれる日が1日でも多くあればそれで良いとも思っています。
一時帰宅した時の父はね本当に嬉しそうだったんです。
Commented by SPANK at 2012-10-18 20:51 x
ぶりぶりさん、怒涛の日々でしたね。
私もぶりぶりさんの意見に賛成です。
残りの時間は長くても病室にくくりつけられているより、居心地のいい自宅で好きに暮らせる方がいいと思います。
なによりお父様もお家に帰ることをのぞんでいらっしゃるのですから。
ぶりぶりさんやご家族の方々は看護でお疲れになると思いますので、くれぐれもご自愛下さい。
Commented by buriburi-wan at 2012-10-19 21:38
☆SPANKさん
なんかあまりも急な展開で・・・目の前にある事を一つづつ解決するしか無い状態です。
最初に父が倒れた時から・・・ただベッドの上で天井だけ見て生きるっていうのだけは嫌だったんです。
どれだけ出来るかはわからないけど・・・とにかく進むのみです!!
by buriburi-wan | 2012-10-15 22:20 | 脳梗塞 介護 | Comments(8)