2010年7月から家族になったぶんぶんとのなんてこと無い毎日です


by buriburi-wan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

父の事。。。

今日は父の事。
決して楽しい話ではありません。我が家の記録とし残したいので書きます。
興味の無い方はスルーして下さい。

ここにも何度か書きましたが私の父は今年の5月の半ばに脳梗塞で病院に運ばれました。
当初の医師の見解は『元気になって自宅に帰るというよりは少しでも症状が改善する治療と思って下さい』との事でした。
右半身不随、言語障害、嚥下困難。急性期の治療を終えたら療養病院とうい方向でした。

ただ・・・父は予想外に回復してくれて1ヶ月も経つ頃には車椅子に座れるまでになりました。
私たち家族としてはここまで回復すればなんとか自宅での介護が可能ではないかと話し合い自宅介護の方向でリハビリ棟に移してもらいました。

リハビリ棟に移ってからの父は更に驚きの回復力で支えがあれば立てるほどになりました。
自分で歩くのは無理でもこれなら介護する方はとても助かります。
父のリハビリと共に私たちも父を車椅子に乗せたり車椅子からベッドに移す練習をします。
始めはこわごわで上手くいかなかったのですが少しづつコツがつかめるようになって来ました。
そして一番肝心だったのは自力での食事。嚥下が困難で思うように食事が取れません。
出来れば胃ろうは避けたかったのでなんとか頑張ってもらったのですがこれだけは無理だったようでリハビリの先生や主治医と話をして胃ろうをという事なりました。
始めは嫌がっていた父ですが、自宅に帰るためにはこれはどうしても必要と話すと納得してくれて手術の日程も決まり、退院に向けてリハビリの先生も自宅の状態を見に来て下さりました。
リハビリの先生と帰ってきた父はとっても嬉しそうで。ほんの1時間程の帰宅でしたがとっても楽しそうな顔をしていました^^

今後は胃ろうを作り、胃ろうの管理の指導を受け、父は自宅での生活に向けたリハビリを進めていきます。


そして9月24日父の胃ろうの手術。内視鏡で検査をして問題なければ胃ろうの手術です。
手術自体は大そうな物ではないので私は仕事もあったので病院に行かなかったのですが兄のお嫁さんが行ってくれていたらしく連絡をくれました。

で・・・その電話で『内視鏡の検査で潰瘍が見つかって手術が中止になった。胃ろうは無理かも』っとの事。
突然の事でわけがわからずパニックに。
食事が取れない父は胃ろうが出来なければ自宅での生活を1から考え直さなければいけません。と言うより自宅での介護は可能なのか?という話しになってしまいます。

どうしていいのかわからず現在色々相談しているケアマネさんに連絡して現状を伝えると、訪問看護師を入れれば鼻腔チューブでの在宅介護も可能との事。その答えに少し安心しているとまた兄のお嫁さんから連絡があり『とりあえず検査をするみたい、さっきの看護師さんの話しでは潰瘍が治れば胃ろうは出来るかもしれないみたい』との事。この時点では何がなんだかわからない状態。
とりあえず検査結果を待つ事になりました。

そして今週の火曜日。入院した当初の脳外科の先生とお話しする事になりました。
そのお話しの内容と言うのが・・・潰瘍の検査をした所癌がみつかったとの事でした。
翌日にCTで転移の検査をして頂き外科(癌の治療の担当)の先生とお話しする事になりました。

そして木曜日に検査の結果を母と兄と姉と皆で聞きに行きました。

結果は肝臓や肺への転移は無いとの事。
ただ・・・胃より離れたリンパ節が腫れている。この場合この殆どの場合がリンパ節への転移の可能性があるとの事。
ただそれが癌かどうか調べる事は出来ないとの事でした。

そしてその場合父の癌はステージⅣとの事。かなり癌が進行ている状態です。

少し大変になるかもしれないけど・・・鼻腔チューブで自宅介護の覚悟をしていた私たちはまた振り出しに戻ってしまいました。

父が倒れてから・・・手探りで道を見つけ光が見えたと思うと振り出しに戻るの繰り返しそして最後には癌の宣告です。

父の場合このまま治療をしなければ余命は半年~一年との事でした。

父の治療や方針は書くと長くなってしまうのでまたゆっくりと書いて行きたいと思います。

最初に癌と聞いた時はとても驚いて、自宅に帰るのをとても楽しみにしている父を思うと可哀想になってしまって。

でもこの半年色々な事があった我が家・・・皆とっても強くなって今は悲しいとか言ってる場合では無いのでとりあえず父にとってベストな治療を考えて行きたいと思っています。

こんな事書いてしまいましたが皆さん心配しないで下さいね。
突然の事で驚いて、色々な対応に追われてバタバタしてしまっていますが案外楽しく暮らしています。

自宅に帰って治療という方向で考えているので父も退院を楽しいにしています。

ココからが家族の力の合わせどころ。今までダラダラ暮らしてきて私なので人生で少しくらい頑張る時期があっていいかなっと思いできる限りの事はしようと思っています。
父の状態が落ち着いて治療や生活の方向が見えてきたら遊びにだってガンガン行こうと思っています。

これから忙しくなるけど・・・がんばるど~~~066.gif
[PR]
Commented by ミルタママ at 2012-10-14 20:30 x
  ぶりブリさんこんばんわ
  カレンダーもまもなく発送とかもこられるし

  でもお母様もお兄様お姉さまもいるし
  無理されずお父様治療されてよい方向へ向かわれるよう

  祈ってます

 母にもうすこしやさしくしてあげたかったとおもうミルタ ママ 今おりません7年たちます
 ぶりぶりさんのお体大事にされながらおすごしくださいね
Commented by buriburi-wan at 2012-10-15 22:22
☆ミルタママさん
こんばんは。
カレンダーの忙しい時期も重なりなんだかバタバタしています。

父の事はなるようにしかならないので・・・とにかくがんばります!!
by buriburi-wan | 2012-10-13 22:34 | 脳梗塞 介護 | Comments(2)